インタームーブ
お問い合わせ

サービス

HOME >  サービス  > AppMoveワークフロー 機能詳細

AppMoveワークフロー 機能詳細

送付先自動検出


ワークフローの次の承認者を自動で検索する機能です。
【例】
フローの承認ステップの割当て設定で実行者選択ルールを選択します。
「前処理者の上位者グループ」と設定した場合(上図:赤枠部分)
前の申請または承認者が組織図の「開発部長」ならば、次の承認は「社長」に(上図:青部分)
前の申請または承認者が組織図の「第1営業課」ならば、次の承認は「営業課長」に、(上図:緑部分)
送付先が決定します。

承認スキップ


承認者が重複している場合、2回目以降の承認は飛ばすことができる機能です。
この機能の使用するかどうかは選択することが可能です。
【例】
フローが申請者→上長承認→副社長承認→総務部、の場合
1.営業部長が申請します
2.1つめの承認者は営業部長の上長である副社長となり、副社長が承認します
3.2つめの承認者は副社長ですがすでに承認しているため副社長の承認はスキップされ、3つめの承認者である総務部に承認が回ります

タグ指定


組織階層の異なる場合に、ある特定の人あるいはグループを承認者とすることができる機能です。
【例】
営業部は営業マン−営業課長−営業部長
総務部は事務−総務部長
という階層の組織の場合。
ある申請の承認者を各部の部長としたい場合には、部長にタグを設定します。
そうすると、
営業マンが申請した場合は、営業課長を飛ばして、営業部長が承認者となります。
営業課長が申請した場合は、営業部長が承認者になります。
事務が申請した場合は、総務部長が承認者になります。

委任/振替


特定期間中、承認者を事前に指定したユーザーに委任する機能と、
既に承認待ちとなっている申請を委任先に振り替える機能です。
【例】
課長が1週間不在のため、不在期間は副課長に承認権限を委任する場合
1.委任前は、課員が申請すると課長に申請が届きます
2.課長が副課長に委任を設定します
3.委任後は、課員が申請すると副課長に申請が届きます
4.管理者が振替をすると、すでに課長に届いている申請が副課長に届きます


このページの上部へ