インタームーブ
お問い合わせ

HOME > メールニュース アーカイブ  > メールニュース

メールニュース

SalesforceからのFAX送信をニーズに合わせて賢く実現

2020年01月31日
株式会社インタームーブ

ここはAppMove美容室。
AppMoveワークフロ―の妖精アップちゃんのママが営んでいる美容院。
妖精さんたちの世界にも美容室はあるようです。

ママ 「『AppMove FAX送信サービス』って
   説明の図を見れば見るほど難しいわね・・・。
   いろいろなシステムが書かれているけど、
   契約や料金ってどうなるのかしら??
   契約が複雑になったり、費用がかさむのは嫌ねえ。」

アップ「あら?ママに伝えていなかったかしら?
   『AppMove FAX送信サービス』はSalesforceからFAXを
   ワンストップで送信できるソリューションよ!
   もちろん契約もインタームーブが窓口で一本化できるわ!」

ママ 「アップ!帰ってたのね!
   料金はどうなるのかしら??」

アップ「『AppMove FAX送信サービス』には2つの提供パターンがあるわ。
   それぞれのパターンの内容と料金についてレクチャーするわよ!」

SalesforceからのFAX送信をニーズに合わせて賢く実現


ソリューションで実現する範囲に応じて、
料金が異なるわ。
主な提供方法は2パターンあるわ。

提供パターン@は、
帳票開発が不要の場合よ。
送信するFAX原稿(PDF)を作成して、Salesforceに添付すれば、
FAXが送信できるわよ!
提供範囲は下の図の黄色の範囲。
この場合、『AppMove FAX送信サービス』の初期導入費用と、
月額料金のみの支払いでOKよ!


提供パターンAは、
「SVF Cloud for Salesforce(※)」(以下、「SVF」とします。)
での帳票開発ありの場合よ。
送信するFAX原稿をSalesforceのデータを使ってワンクリックで作成、
添付ができ、FAXが送信できるわよ!
提供範囲は下の図の黄色の範囲に拡張するわ!
この場合、提供パターン@の金額に
「SVF」の初期導入費用との月額料金を追加するわ!
※「SVF」とはウイングアーク1st株式会社さんが開発・販売している、
 帳票作成ソリューションのことよ。



どちらのパターンとも
FAX送信枚数に応じて従量課金が発生し、
提供パターンAについては
帳票出力枚数によっても従量課金が発生するわよ!

いろいろなシステムが出てきて複雑に見えるかもしれないけど、
『やりたいこと』を洗い出して、
必要な範囲の契約をインタームーブとするだけでいいのよ!


ママ 「なるほど、うちはFAX送信する帳票の種類も枚数も少ないから
   提供パターン@でも十分そうね。
   FAX送信する帳票の種類も枚数も多いようなら
   提供パターンAの方が向いてそうね。」

アップ「どちらのパターンもお客様にはワンストップで
   お使いいただけるようなっているから安心よ!
   『FAX送信をSalesforceでしたい!』とお考えの方は
   ぜひインタームーブにお問合せください!」


◆「AppMoveワークフロー」に関するお問い合わせはこちらから
https://intermove.zendesk.com/hc/ja/requests/new

Salesforce対応アプリ&コンサルティングサービス ラインナップ!

  • AppMove ワークフロー(アプリ)
    Salesforce上でワークフローや承認申請を思いどおりに実現できる、オリジナルのアプリケーションです。
    大規模なワークフローや承認申請の実装、既存システムからSalesforceへの移行まで、
    2008年以来数々のSalesforce案件をこなし培ったノウハウでご支援いたします。
  • AppMove FAX送信サービス(アプリ)
    Salesforceから直接FAXを送信できる、オリジナルのアプリケーションです。
    SalesforceとインターネットFAXを連携することで、作業のミスや手間、コストなどを削減することが可能です。
  • AppMove SMS送信サービス(アプリ)
    Salesforceから直接SMSを送信できる、オリジナルのアプリケーションです。
  • AppMove BOX(アプリ)
    Salesforceとも連携可能な国産のオンラインファイルストレージです。
  • CI革命(アプリ)
    会計事務所とお客様の新しい関係性を構築する業務改革システムです。
  • Salesforceコンサルティング
    サービスクラウドの認定コンサルタントも在籍しております。

このページの上部へ