インタームーブ
お問い合わせ

HOME > メールニュース アーカイブ  > メールニュース

メールニュース

SalesforceからSMSを一括で送信する方法教えます!

2016年08月30日
株式会社インタームーブ

いつもご覧頂きありがとうございます。

SMSを利用していらっしゃいますか?

SMSとはショートメッセージサービスの略で、
スマートフォンや携帯電話にメッセージを送信できるサービスです。
SMSは、携帯電話番号だけでメッセージが送信できる、スパム扱いされない、開封率が高い、アドレスの変更が少ない
などの魅力があるため、最近日本のビジネスにおいても注目されてきています。

今回のメールニュースは、Salesforceで収集したデータを利用してSMSを送信する
新サービスでの一括送信方法を、一足早くご紹介いたします。

SalesforceからSMSを一括で送信する方法教えます!

Salesforceには取引先責任者などに携帯電話番号が登録されていると思いますが、
集めた顧客データ、活用していらっしゃいますか?
新SMS送信サービスをご利用いただければ、簡単にSMSを一括送信することができます。

一括送信の手順は次の4ステップです。

◆1. 新SMS送信サービスでは、Salesforceにある情報をレポートなどを利用し、
   SMS送信対象となるデータの携帯電話番号と取引先責任者IDを抽出します。

◆2. 1.で抽出したデータにメール本文を追加し、送信用のオブジェクトに登録します。

◆3. 「一括送信」ボタンをクリックします。

◆4. 送信の確認画面が表示されますので、「OK」をクリックします。


これだけで、SalesforceからSMSを一括送信することができます。

SMS送信後、相手にSMSが届いたか不安になることもありますよね。
そんな時は、SMS送信後に相手に届いたかどうかの送達確認をすることができます。

また、1. のデータ抽出で取引先責任者のIDを含めることにより、
取引先責任者の詳細ページで、これまでに送ったSMSを確認することができます。

例えば、過去に製品を購入していただいた方を対象に、消耗品の交換時期が近づいてきたので、
メンテナンスを兼ねて、消耗品をご購入していただけるようにご案内したい。
また、過去にお問い合わせされた方を対象に、新規モデルが発売するので、
キャンペーンのURLをお知らせしたい。
こんな場合に、新SMS送信サービスをぜひご利用ください!

◆SalesforceでのSMSの活用・実装に関するお問い合わせはこちらから
https://intermove.zendesk.com/hc/ja/requests/new

Salesforce対応アプリ&コンサルティングサービス ラインナップ!

  • AppMove ワークフロー(アプリ)
    Salesforce上でワークフローや承認申請を思いどおりに実現できる、オリジナルのアプリケーションです。
    大規模なワークフローや承認申請の実装、既存システムからSalesforceへの移行まで、
    2008年以来数々のSalesforce案件をこなし培ったノウハウでご支援いたします。
  • AppMove BOX(アプリ)
    Salesforceとも連携可能な国産のオンラインファイルストレージです。
  • CI革命(アプリ)
    会計事務所とお客様の新しい関係性を構築する業務改革システムです。
  • Salesforceコンサルティング
    サービスクラウドの認定コンサルタントも在籍しております。

このページの上部へ