インタームーブ
お問い合わせ

HOME > メールニュース アーカイブ  > メールニュース

メールニュース

セールスフォースでSMSを活用してみませんか?

2016年06月30日
株式会社インタームーブ

いつもご覧頂きありがとうございます。
今回のメールニュースは近日提供開始を予定しております、セールスフォースからSMSを送信するための実装サービスについてご紹介いたします。

セールスフォースでSMSを活用してみませんか?

インタームーブでは、セールスフォースからSMSを送信するための実装サービスを近日提供開始いたします。
SMSとは、Short Message Service(ショートメッセージサービス)の略で、携帯電話(スマートフォンやフィーチャーフォン)宛に70文字程度までのテキストメッセージを送受信するサービスです。
セールスフォースをお使いであれば、本人認証で5桁の数字をSMSで受け取り、再びセールスフォースに入力する際に見かけたことがあるかもしれません。
今回は、企業がセールスフォースを利用してSMSを活用する背景や事例について皆様にご紹介いたします。

◆企業がSMSを活用する背景

企業がSMSを活用する背景として、利用ユーザーの利便性が高くなってきたことが挙げられます。
 ・セールスフォースやSNSなどの本人認証にSMSが使われるケースが増えてきたこと。
 ・携帯キャリア固有のメールアドレスがナンバーポータビリティや格安SIMの利用を背景に使われなくなってきたこと。
 ・携帯電話番号自体は他に比べて変更されることが少ないこと。

また企業側としても、携帯メールの開封率の向上や、1人1人のオペレータが留守電にメッセージを入れるよりも効率的な手段として、SMSの活用を検討しています。


◆企業がSMSで送信する事例

企業側が送信する事例では、SMSの短い文字数制限の中では以下2つタイプがあります。

・SMSにURLを付記してウェブサイトへご案内するタイプ
 用途:大切なご案内(特別クーポン、満足度調査、複雑な日程調整など)

・SMSだけで伝えたい事をお知らせするタイプ
 用途:重要なご案内(ログインコード、引き落とし日、緊急連絡、受付完了案内など)

セールスフォースでの活用としては、セールスフォースで管理する顧客のデータから条件にマッチした送信先を抽出し、
その携帯電話番号へSMSを送信し、履歴やその後の行動をセールスフォースで一元管理していくことで、
企業はより円滑なサービスの提供が可能となります。


セールスフォースでのSMS活用は、イメージできましたでしょうか?
SMSを活用してみたいという方は、是非ご相談ください。

◆セールスフォースでのSMSの活用・実装に関するお問い合わせはこちらから:インタームーブHP「サポート」

Salesforce対応アプリ&コンサルティングサービス ラインナップ!

  • AppMove ワークフロー(アプリ)
    Salesforce上でワークフローや承認申請を思いどおりに実現できる、オリジナルのアプリケーションです。
    大規模なワークフローや承認申請の実装、既存システムからSalesforceへの移行まで、
    2008年以来数々のSalesforce案件をこなし培ったノウハウでご支援いたします。
  • AppMove BOX(アプリ)
    Salesforceとも連携可能な国産のオンラインファイルストレージです。
  • CI革命(アプリ)
    会計事務所とお客様の新しい関係性を構築する業務改革システムです。
  • Salesforceコンサルティング
    サービスクラウドの認定コンサルタントも在籍しております。

このページの上部へ